著書 出版暦

書名 発行者 年月日 監修 ページ 題名 執筆者
HEART nursing Vol.31 No.1 メディカ出版 2018年1月 67 せん妄 弓野 大
HEART nursing Vol.30 No.12 メディカ出版 2017年12月 94-95 独りでも最期まで住み慣れた家で暮らせる地域をつくる 齋藤 慶子
Medical Practice VOL.34 No.12 文光堂 2017年12月 1916-1934 弁膜症診療の今 弓野 大
HEART nursing Vol.30 No.7 メディカ出版 2017年7月 98 心不全の症状緩和(非薬物療法②リハビリテーション) 古田 哲朗
HEART nursing Vol.30 No.7 メディカ出版 2017年7月 96-97 本人のDemandと医療者の考えるNeed 古田 哲朗
CARDIAC PRACTICE Vol.28 No.3 メディカルレビュー社 2017年7月 69-73 超高齢循環器疾患患者の在宅医療 弓野 大
薬局 Vol. 68 No. 7 南山堂 2017年6月 98-103 地域とチームで支える慢性心不全の包括的ケア 田中 宏和
在宅診療0-100 Vol.2 No. 5 へるす出版 2017年5月 407-412 病期に分けた在宅医療実践のコツ; 在宅移行期, 安定期, 終末期 田中 宏和
在宅新療0-100 Vol.2 No. 5 へるす出版 2017年5月 399-402 心不全患者を地域で支える連携のコツ 齋藤 慶子
在宅新療0-100 Vol.2 No. 5 へるす出版 2017年5月 393 “医療モデル”と“生活モデル”の融合で, 在宅心不全患者を支える 弓野 大
新薬と臨牀 第66巻 No. 5 医薬情報研究所 2017年5月 668-673 再入院を防ぐ心不全在宅医療 弓野 大
HEART nursing Vol.30 No.5 メディカ出版 2017年5月 87-89 「高齢者心不全患者の治療に関するステートメント」が伝えたい高齢者心不全の終末期医療 弓野 大
HEART nursing Vol.30 No.5 メディカ出版 2017年5月 81-82 ある心不全患者さんの看取りを通じて 髙圓 恵理
HEART nursing Vol.30 No.4 メディカ出版 2017年4月 92 心不全の終末期症状 -苦痛予防、質と量- 弓野 大
在宅新療 0-100 第2巻 第3号 へるす出版 2017年3月 237-243 重症心不全・終末期においても、患者・家族のDemandを生活活動の専門職としてサポートする 井上 慎吾 /古田 哲朗
在宅新療0-100 第2巻 第3号 へるす出版 2017年3月 224-230 いかにして重症心不全患者の在宅療養を継続させるか 岡山 大 / 弓野 大
医学のあゆみ 第260巻 10号 医歯薬出版 2017年3月 906-910 高齢者心不全と終末期医療 弓野 大
HEART nursing Vol.30 No.2 メディカ出版 2017年2月 92 意思決定支援 髙圓 恵理
HEART nursing Vol.30 No.1 メディカ出版 2017年1月 91 終末期心不全の診療フロー 弓野 大
循環器内科 第81巻 第1号 科学評論社 2017年1月 94-97 心不全の在宅管理・緩和ケア 弓野 大
循環器ジャーナル 第65巻 第1号 医学書院 2017年1月 144-151 右心不全を来す疾患 岡山 大 / 弓野 大
HEART nursing Vol.29 No.11 メディカ出版 2016年11月 68 終末期心不全の判断基準 医師 / 弓野 大
HEART nursing Vol.29 No.11 メディカ出版 2016年11月 66-67 心不全・デスカン~ゆみのハートクリニックより~重症心不全患者さんを支える在宅チーム医療(後編) 看護師 / 伊東 紀輝
HEART nursing Vol.29 No.10 メディカ出版 2016年10月 70-72 心不全・デスカン~ゆみのハートクリニックより~重症心不全患者さんを支える在宅チーム医療(前編) 看護師 / 伊東 紀輝
訪問看護と介護 Vol.21 No.10 医学書院 2016年10月 784-789 在宅生活の身体活動量をどう考えるべきか -生活のなかでどれだけ動いていいの?いけないの?- 理学療法士/渡辺恵都子
訪問看護と介護 Vol.21 No.10 医学書院 2016年10月 766-767 心不全高齢者に「生活モデル」の医療・ケアを 医師 / 弓野 大
週刊医学界新聞 第3191号 医学書院 2016年9月 1-2 座談会 高齢者心不全患者を診る 医師 / 弓野 大
Monthly Book Medical Rehabilitation 全日本病院出版会 2016年9月 在宅高齢者の内部障害患者の終末期リハビリテーション 理学療法士/古田哲朗
HEART nursing Vol.29 No.9 メディカ出版 2016年9月 66-68 心不全・デスカン~ゆみのハートクリニックより~ 最期を迎える場所の選択 医師 / 弓野 大 看護師 / 遠周 孝子
HEART nursing Vol.29 No.9 メディカ出版 2016年9月 16-25 2. 医師が選ぶ!最新キーワード5 治療編 医師 / 弓野 大 岡山 大
YAKUGAKU ZASSHI Vol.136 No.8 日本薬学会 2016年8月 1133-1139 -誌上シンポジウム- 心不全の在宅医療 医師 / 弓野 大
HEART nursing Vol.29 No.8 メディカ出版 2016年8月 54-55 心不全・デスカン~ゆみのハートクリニックより~ 「人生に寄り添う心不全医療」を行うために 医師 / 弓野 大
Heart View Vol.20 No.8 メジカルビュー社 2016年8月 20-25 特集 慢性心不全に立ち向かう -予防から治療までの包括的ケア- 診る 3. 心不全の在宅医療 -在宅療養の継続のために必要なこと- 医師 / 弓野 大
Textbook of Home Care Medicine 勇美記念財団 2016年8月 在宅医療テキスト編集委員会 187-192 Management of Cardiac Failure at Home 医師 / 弓野 大
Heart View Vol. 20 No. 8 メジカルビュー社 2016年7月 診る 3. 在宅診療で診る慢性心不全 医師 / 弓野 大
Fluid Management Renaissance Vol. 6 No. 2 メディカルレビュー社 2016年4月 3. 心不全患者外来管理における在宅医療の役割 医師 / 弓野 大
ナースがわかる&はなせる 心不全まるわかりBOOK メディカ出版 2016年4月 佐藤 直樹 217-219 第4章 緩和・終末を考える 4. これからの課題 看護師 / 伊東 紀揮
ナースがわかる&はなせる 心不全まるわかりBOOK メディカ出版 2016年4月 佐藤 直樹 213-216 第4章 緩和・終末を考える 3. どのように介入するのか? 看護師 / 伊東 紀揮
ナースがわかる&はなせる 心不全まるわかりBOOK メディカ出版 2016年4月 佐藤 直樹 209-212 第4章 緩和・終末を考える 2. スタッフが知っておくべきこと 看護師 / 髙圓 恵理
ナースがわかる&はなせる 心不全まるわかりBOOK メディカ出版 2016年4月 佐藤 直樹 204-208 第4章 緩和・終末を考える 1. どのような患者さんを対象とするべきか? 看護師 / 髙圓 恵理
ナースがわかる&はなせる 心不全まるわかりBOOK メディカ出版 2016年4月 佐藤 直樹 168-175 第3章 他職種スタッフの役割 2. 理学療法士の役割 理学療法士/古田哲朗
ナースがわかる&はなせる 心不全まるわかりBOOK メディカ出版 2016年4月 佐藤 直樹 168-175 第3章 他職種スタッフの役割 2. 理学療法士の役割 理学療法士/渡辺恵都子
ナースがわかる&はなせる 心不全まるわかりBOOK メディカ出版 2016年4月 佐藤 直樹 96-101 第1章 病態と治療 12. 心不全の非薬物療法⑤在宅医療 医師 / 弓野 大
ナースがわかる&はなせる 心不全まるわかりBOOK メディカ出版 2016年4月 佐藤 直樹 88-95 第1章 病態と治療 11. 心不全の非薬物療法④生活指導 看護師 / 髙圓 恵理
ナースがわかる&はなせる 心不全まるわかりBOOK メディカ出版 2016年4月 佐藤 直樹 88-95 第1章 病態と治療 11. 心不全の非薬物療法④生活指導 医師 / 弓野 大
エキスパートが現場で明かす 心不全診療の極意 南山堂 2016年3月 佐藤 幸人 163-167 28. 心不全のQOD:在宅医療で最期まで診るためには? Ⅵ 終末期心不全 医師 / 弓野 大
日本小児呼吸器学会雑誌 Vol.26 No.2 日本小児呼吸器学会 2016年2月 204-212 重症心身障害児などに対する多職種チームによる在宅NPPV導入の取り組み 理学療法士/古田哲朗
東京都臨床検査技師会会報 東京都臨床検査技師会 2015年12月 睡眠検査の基礎知識 ―簡易検査からPSGまで― 臨床工学技士/川名ふさ江
在宅医療テキスト第3版 公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団 2015年11月 在宅医療テキスト編集委員会 134-137 第4章 各疾患の進行期の医学的管理  5. 心不全の在宅管理 医師 / 弓野 大
呼吸と循環 医学書院 2015年 「心不全の在宅医療」 医師 / 弓野 大
薬学雑誌 日本薬学会 2015年 誌上シンポジウム「心不全のチーム医療―薬剤師に期待される役割とは―」 医師の立場からの在宅医療 医師 / 弓野 大
循環器ナーシング 特集●心臓リハビリテーション~リスク管理の実際~ 11月号 医学出版 2015年10月 Ⅱ. リスク管理のためのアセスメントのポイントを学ぶ 3. 運動療法 在宅心臓リハビリテーション/諸冨伸夫 医師 / 諸冨伸夫
Medical Alliance 特集 心不全のチーム医療─高齢心不全患者をどう支えるか? Vol.1 No.4 2015年10月 クリニックからみた病診連携─在宅医療を中心に 医師 / 弓野 大
改訂版 臨床睡眠検査マニュアル ライフサイエンス 2015年9月 日本睡眠学会 43-55 1.睡眠ポリグラフ検査(PSG)の基礎的知識 PSG記録でみられるアーチファクト 臨床工学技士/川名ふさ江
睡眠医療 第9巻第3号 ライフサイエンス 2015年9月 465-467 書評 睡眠とてんかん―その密接な関連性― 臨床工学技士/川名ふさ江
医学のあゆみ 難治性心不全に対するチーム医療―末期状態から終末期まで 第254巻11号 医歯薬出版 2015年9月 難治性心不全に対する病診連携──在宅医療の取組み 医師 / 弓野 大
循環器ナーシング 特集●心不全を徹底理解!応用編 ―心不全看護ケアの実際― 10月号 医学出版 2015年9月 地域での取り組み② 慢性心不全高齢患者の在宅管理の実際 看護師 / 伊東紀揮 医師 / 弓野 大
呼吸器内科 第28巻3号 科学評論社 2015年9月 Fluid shift 医師 / 弓野 大
在宅リハビリテーション栄養 医歯薬出版 2015年9月 若林 秀隆 第2章 在宅リハビリテーション栄養評価 7. 在宅リハビリテーション栄養の予後予測と訓練内容判断 医師 / 諸冨伸夫
睡眠医療 第9巻第2号 ライフサイエンス 2015年7月 連載第2回 臨床PSGの標準化に向けて―PSGの精度管理と簡易検査の適応を考える ― PSG精度管理の意義と調査概要―米国での精度管理報告から― 臨床工学技士/川名ふさ江
Medicina 特集 心不全クロニクル 患者の人生に寄り添いながら診る 第52巻7号 医学書院 2015年6月 ■終末期医療 【末期の苦痛と不安を取り除く】末期心不全を在宅でみる 医師 / 弓野 大
日本循環器学会専門医誌 循環器専門医 第22巻増刊号 日本循環器専門医 2015年4月 心不全の在宅医療の管理、対応をどうするか? 医師 / 弓野 大
Therapeutic Research 第36巻第4号 ライフサイエンス 2015年4月 耐糖能異常を呈する肥満合併高血圧症患者におけるARB間の降圧効果の比較 医師 / 弓野 大
臨床医のための循環器診療 第22巻 協和企画 2015年3月 <座談会>心拍数からみた循環器疾患治療戦略の光と影 医師 / 弓野 大
Medicina 特集 循環器薬 up to date 2015 第52巻第1号 医学書院 2015年1月 <座談会>beyond EBMの循環器薬処方実践学 医師 / 弓野 大

03-5956-8010

<受付時間>9:30~18:30<休診日>日曜日、祝日
診療のご予約はお電話にてお問い合わせください

フォームからのお問い合わせはこちら

Totop