社会活動

医療法人社団ゆみのでは、法人理念のもと、臨床以外にも、教育や研究、啓発活動など、
これからの社会貢献へつながるために、いくつかの活動を行っております。

NPO法人日本心不全ネットワーク事務局

心不全の啓発活動を中心に、若手心不全医師育成活動、研究活動を行っています。当法人理事長弓野が、NPO副代表を務め、事務局として携わっています。

日本リハビリテーション医学会 認定研修施設

日本リハビリテーション医学会認定研修施設となっています。

大阪大学大学院:重症心不全・移植専攻医育成プログラム関連施設

補助人工心臓や心移植を必要とする重症心不全を診る医師の育成を目的としたプログラムの関連拠点病院として、当法人での医師教育を行っています。

東京大学医学部 在宅医療学拠点

東京大学医学部では在宅医療学拠点を設置し、在宅医療に対応できる優れた人材の養成を行っています。当法人はその指定教育機関となっています。

東京女子医科大学病院 地域医療研修機関

東京女子医科大学病院卒後臨床研修プログラムでの地域医療研修の指定教育機関となっています。

ハートケアステーション(HCS)事務局

地域で循環器疾患、心不全で問題を抱える、専門と非専門の医師や看護師、リハビリスタッフなどをつなげるため、ICTを用いた医療従事者が集まるプラットフォームの運営、事務局を行っています。