NurseTOP19.png



わたしたちと一緒に地域から信頼されるクリニックをつくっていきましょう!

外来診療と訪問診療を行っている当院では、看護師の活躍するフィールドが幅広く用意されています。
また、2017年より訪問看護部門が立ち上がり、より患者さんの生活に寄り添う看護の実現を目指しています。
わたしたち「ゆみの看護師」の働き方をご紹介します。






                

看護部長挨拶

新しい「看護のカタチ」を一緒に創造していきませんか?

norikiito200.jpg

超高齢社会を迎え、医療のカタチは、今までの病気を治すことを目的とした病院完結型から、病気と共存し患者さんのQOLの維持・向上を目指して地域全体で医療・介護を支える地域完結型へとシフトしています。 私たちは、患者さんの人生に寄り添いながら、医療機関として、疾患の病態・病期に合わせた適切な医療を患者さん・ご家族と共に考えて参ります。
ゆみの看護部は、当院の理念に基づいて、その人、その地域、その時代にあった「看護のカタチ」を創造し続けます。 患者さん・ご家族に寄り添える方、皆で話し合える方、柔軟に変化に対応できる方、是非一緒に新しい「看護のカタチ」を創造していきましょう。

看護部 部長 伊東紀揮





3つの部門





ゆみの看護部は外来看護・訪問診療・訪問看護の3部門で看護を行っています。
ローテーション制度を導入し、部門を超えて、生活者としての視点を忘れずにその人らしく過ごせる看護を心がけています。



外来看護

外来は内科・循環器科・呼吸器科・睡眠時無呼吸症外来をベースにした地域のかかりつけのクリニックです。生活が円滑に送れるように診療の補助や療養上の世話を行います。


診察前の問診で看護支援
慢性疾患を抱えた患者さんなどに、医師の診察の前に看護師によるバイタルサインの測定、問診、看護相談を行っています。必要に応じて、自宅での療養環境調整、生活指導、多種職との調整を行います。
専門外来でのサポート
・心不全外来
・血管外来
・咳外来
・糖尿病外来
・神経内科外来
・禁煙外来
和温療法
和温療法に入るときのケアや観察を行います。


訪問診療

訪問診療は、その人らしい生活を送れるように診療・ケアを行います。また、総合病院への外来や入院の数を減らし、患者さんご本人だけではなくご家族の負担も減らすサポートが行えるよう、チームで取り組んでいます。


訪問診療管制塔
・往診患者のトリアージ
・患者、家族からの電話相談
・患者、家族へ電話フォロー
・前日の訪問診療を行った患者のカルテの確認
・遠隔モニタリングの確認
・多職種、多事業所との情報共有など橋渡し
病院での退院前カンファレンスへの参加
地域での担当者会議への参加
訪問診療への同行
医師と一緒に、訪問診療へ同行します。診察の介助や看護師の視点からアドバイスやケアを行います。


訪問看護

2017年8月より訪問看護部門が立ち上がりました。住み慣れた地域やご家庭で、その人らしく療養生活を送れるように、クリニックより看護師が生活の場へ訪問し、看護ケアの提供、自立への援助、療養生活の支援をいたします。


療養上のお世話
・身体の清拭
・洗髪、入浴介助
・食事や排せつなどの介助、指導
病状の観察
病気や障害の状態、血圧・体重・脈拍などのチェック
医師の指示による医療処置
ターミナルケア
医療機器の管理
床ずれ予防、処置
介護予防


チーム医療

院内ネットワーク

医師、リハスタッフ、ソーシャルワーカー、医療事務など、全てのスタッフが近い距離にいるので、困ったときはいつでも相談、多種職の視点での看護につなげることができる環境です。また、院内院外でもタイムリーに患者さんの情報共有が行えるICTの活用を、積極的に行っています。





地域ネットワーク

クリニックと地域関係事業所との連携、情報共有を積極的に行っています。患者さんを包括的に支援する体制を、地域で協力して整えています。







支援制度

様々な支援制度を導入し、キャリアアップや働き方の支援を行っております。





見学・応募

病院ではなくクリニック外来・在宅医療をやりたいと思っている、やる気のある「あなた」からの応募を待っています。外来でも在宅でも広い視点をもって働けるよう、みんなでサポートしながらあなたの成長を見守ります。見学・体験も受け付けておりますので、まずはお気軽にお問合せください。



nurse0013.png

03-5956-8010

<受付時間>9:30~18:30<休診日>日曜日、祝日
診療のご予約はお電話にてお問い合わせください

フォームからのお問い合わせはこちら

Totop